蜂の駆除,蜂の巣駆除,スズメ蜂駆除,足長蜂の駆除,蜜蜂駆除,害虫駆除,全国対応,見積もり無料蜂の駆除・害虫駆除センター
3.ハチ毒アレルギー、その対策
ハチ類の毒成分は大別すると酵素類、ペプチド類、低分子物質の3つが知られ ています。これらの成分は結合組織破壊、血圧降下、細胞膜透過性亢進、痛み、 平滑筋収縮などを起こすことが知られており、蜂刺しによる毒液注入によって これらの物質が総合的に働いて激しい諸症状が出現します。 I型アレルギーを呈する患者(IgE 抗体産生)は、過去に同じ種または近縁の種 のハチに刺された経験を持つ場合が多いのです。毒液中の酵素類はハチ類で部分的 に共通したアミノ酸配列を持つことから、ある種の毒成分に対してIgE 抗体を持つ 複数種のハチ毒に対するアナフィラキシー(急激なアレルギ−反応)の惹起にも 十分注意する必要があります。 アナフィラキシーは、一般には刺されてから、15分以内に起こります。全身症状 が起こる場合は、まず、のどがつまった様な感じがして、胸苦しくなる。そして、 口が乾き、口の中がしびれた様な感じとなります。腹痛・下痢・寒気・嘔吐・頭痛・めまい・喘鳴(ゼ−ゼ−)し、全身がむくんできます。 さらに重症化しますと、息苦しく、物が飲み込めなくなり、声がしわがれ、 ショック状態となり、意識がはっきりしなくなり、尿・便の失禁を生じます。 血圧は、急激に下がりますので、一刻を争って救急病院への搬送を必要とします。 ごく稀れに、刺されてから、翌日あるいは、遅いと10日程経ってから起こる全身 症状もありますので、蜂に刺されたら、医師の診察を受けておくのが安心です。  KAKOGAWA CITY & KAKO DISTRICT MEDICAL ASSOCIATION 1999.6
害虫駆除,スズメ蜂の巣駆除,あしなが蜂の巣駆除,ミツバチの駆除

蜂の巣駆除お急ぎの方、お問い合わせ、予約
蜂駆除、害虫駆除直通070-5593-5286(24時間年中無休)
(早朝5時〜夜間11時30分頃迄) 
  
(フリーダイヤル)0120-39-1800 e-mail


全国対応(1部地域・離島を除く)

蜂の駆除、害虫駆除、害虫1匹から捜索調査からご依頼出来ます。

                                   ※ 実際に駆除した蜂、蜂の巣の写真の一部です。 2005.6月

        蜂駆除お急ぎの方、お問い合わせ、予約はこちらまでどうぞ
  蜂駆除担当ヨシカワ直通070-5593-5286(早朝5時〜夜間11時30分頃迄) 
       
電話 044-740-2690 fax 044-740-2691e-mail
                      蜂の駆除・害虫駆除センター
                〒216-0001   神奈川県川崎市宮前区野川 3377-1

蜂刺症の現状 害虫駆除 蜂にさされないようにするには ハチ毒アレルギー、その対策
調査・アドバイス 清掃 料金 店舗情報 リンク集 対応地域 写真集
蜂の駆除・害虫駆除センターHOME 当社の取材 よくいただくご質問